レーシングスーツ・バケットシート販売 アンダーレ

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser)販売 アンダーレ 商品カタログ 

コニ (KONI)製 ショックアブソーバー(ShockAbsorbser)、を、お取扱いしております。 

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser)

コニ (KONI)のショックアブソーバー(ShockAbsorbser)を、お取扱いしております。

また、下記商品以外にもコニ (KONI)のご希望の商品がございましたら、お取り寄せ可能なものもございますので、是非お問い合せ下さい。

レーシングスーツ・バケットシート販売 アンダーレ商品のお見積・ご注文

★KONI=ドライビングプレジャー

ただ硬いだけでは速く走れない。ただ速く走ることができても、それだけでは良い足回りといえない。間違ったショックアブソーバーは、クルマをつまらなくしてしまうことすらある。 本当に良い足回りとは何か?それは操縦性と快適性、安全性、耐久性、そして何よりも走る楽しさ。KONIは、装着した瞬間からクルマを楽しくする。 ハンドリング性の向上、ステアリングに対する素直なレスポンス、車体ロールを最小限に抑えた低姿勢での安定したコーナリング。 乗り手とクルマが限りなくシンクロできるショックアブソーバー・KONI。あなたのドライビングプレジャーが、KONIからはじまる。

★KONI=走りを楽しくするテクノロジー。

F1 233連勝が物語る、KONIショックアブソーバーの輝かしい歴史。走りにこだわるスポーツカーの多くが、純正ショックとして採用しているKONIショックアブソーバ。 その秘密は誰にもまねできない独自の減衰力特性がもたらすマン・マシン・インターフェイス。伸び側と縮み側の減衰力を完全に独立して制御する精密かつ得意なシステムが車体ロールを押さえて、低姿勢を保ちしなやかで安定したハイスピードコーナリングを可能にする。コニ ショックアブソーバーはサーキットでの高速走行から市街地での低速走行まで、常に最高のポテンシャルを人とクルマに発揮する。

★KONIが考えるドライビングプレジャー

1)意のままに走れること

スポーティーかつ思い通りに走れること。それはドライビングプレジャーに欠かせない大切な要素です。しかし乗り心地を犠牲にしてはせっかくの歓びも半減。そこでKONIはこの2つの要求を同時に満たすため、豊富な経験を活かし、独自の構造と技術力で「しなやか」に動くショックアブソーバーを開発しました。 まるで絨毯の上を走っているかのようなKONIの乗り味は、他のスポーツショックアブソーバーにありがちな突き上げ感とは無縁。シャープでダイレクトなステアフィールと相まって、クルマとの一体感をより高めます。コーナーを抜けた瞬間、愛車を意のままに操る歓びを心から感じて頂けるはずです。

2)好みの設定ができること

クルマを自在にセッティングすることもまた、走る楽しみのひとつです。ステージに応じたセッティングができ、しかもいつでも精密で安定した減衰力を得ることができれば、クルマとの一体感はますます高まります。KONIのショックアブソーバーには減衰力調整機構を採用。ストリートにサーキットに、シーンに応じた好みのセッティングで、あなた自身のドライビングプレジャーを堪能して頂くことが可能です。

3)高い安定感が得られること

安定感は、クルマとの一体感を感じるための欠かせない要素です。ドライバーの意図する走行ラインを少ない操作で正確にトレースするためには、意図せざる挙動は少ないほうがいいからです。 KONIのショックアブソーバーでは、高速道路や高速ワインディング区間で、路面の凹凸や突風の影響を考慮した設計が施されています。またそれは、車体を安定させるだけではなく、ドライバーの疲労軽減にも効果があります。そして重心位置の高いミニバン・RV車では、適度にロールを抑えることで不安感が大幅に軽減され、同乗者のクルマ酔い防止にもつながります。

★KONIだけの特許である機構だからできること・・・

車高調整機能に直巻きのスプリング。サーキットを戦うレーシングカーには、必要不可欠な装備である。が、しかしストリートでの快適性は望めない。これは単にスプリングレートや減衰カが高い、低いの問題ではないのはご存知の通り。そうは言っても、あらゆる路面状況やスピードレンジ、クルマのコンディション、ドライビングテクニックに対応した減衰カ特性はなかなか出せないもの。そんな中、KONI独自の特許であるバルビング機構により、路面に吸い付くような追従性と快適性を実現した。


■ピストンロッドにあけられたオリフィス(特許)により、0.01m/secの極低スピードからでも減衰力を発生。
■バンプ側(縮み側)の減衰力を一切変 えず、リバウンド側(伸び側)のみの減衰力を変化させる調整機能(特許)。
■ツインチューブならではのロングストローク。
■KONI RACING にも使用されている KONI 独自の高純度オイルがもたらす安定し た減衰力を発生メカニズム。

★KONI思想が低重心のコーナーリングフォームを生み出す。

標準ショックの多大なロールを嫌って、KONI以外のスポーツショックを装着したのだが、かえってロール感が増してしまった…。こうした苦い経験を持つドライバーが数多く存在する事実をご存じだろうか? これは一般のスポーツショックのほとんどが伸び側だけでなく縮み側の減衰力も強くなってしまうというバルビング機構を持つために、相対的に重心が高くなってしまうからである。これではスポーツショックを装着した意味がないというものだ。しかし、KONIは重心を低く抑えることが出来る。独自のバルビング機構により、縮み側を適度にロールさせ、内輪側のリフトアップを極力抑えるという優れた特性を持っているのだ。 この低重心が、極めて安定したコーナリングフォルムを生み出すと共にロール感を減少させ、コーナー出口の立ち上がりでトラクションを稼ぐ事が出来る。今、もしあなたがスポーツショックをお探しなら、まずこの事実をご承知頂きたい。


★硬くなるだけの調整機構に、疑問を感じないか?

通常、他社スポーツショックの減衰力調整機能は、減衰力を強くすると当然のように伸び側と縮み側が同時に強くなる。しかし、これでは乗り心地が悪くなるばかりか、ギャップでのタイヤの接地性の悪化も考えられるため、ショックの減衰力に合わせたスプリングの交換を迫られてしまう。 KONIは違う。基本的に伸び側のみの減衰力調整ができる構造としている(レーシングを除く)。伸び側はショック、縮み側はスプリングと役割を明確にしているため、減衰力調整を行なっても乗り心地やギャップでの接地性の悪化を招かないまま、走りを強化できるのだ。サーキット走行などで、縮み側により強い減衰力が必要になったとき、はじめてスプリングを交換すればいい。 この独自の調整機構はボディ剛性の低いクルマに対しても有効だ。KONIなら、ボディへのストレスをいたずらに与えることなく、引き締まった足回りをつくりあげることができる。

★「KONIマジック」が生きる、最高級ツインチューブ

KONIの一般車用のショックはツインチューブを基本としている。しかし、巷では「ツインチューブは減衰力の立ち上がりがモノチューブに比べ、やや低い」等のウィークポイントが囁かれている。それはKONIとは無縁の話。ここまで述べてきた独自の機構により、ウィークポイントを克服したうえで、さらにツインチューブならではの利点を見出しているからである。 ツインチューブの利点とは、まずピストンサイズが小さくできること。伸び側を制御するピストンバルブと、縮み側を制御するボトムバルブが一つのケース内で独立しているためだ。ピストンサイズが小さければピストン重量を小さくし、フリクションロスを軽減でき、性能劣化のもととなる熱の発生を抑えることができる。 つぎに、ツインチューブならストロークを充分に確保できるという点。図Eのようにシングルチューブではケースの下部がガス室で、その分のストロークが確保できない。一方ツインチューブでは、上から下までケース内のストロークをフルに使うことができる。従ってショート加工を施してもストローク不足に悩まされずにすみ、常においしいところを使って走れるため、4輪の接地感が非常に良いのである。 さらに大径のピストンロッドが使用可能ということも見逃せない。例えばストラットの場合サスペンションの構造の一部を兼ねるため、できるだけ大径のロッドを使用したいもの。しかしモノチューブではバンプ時にケースに収まるロッド分の容積のオイルの逃げ場がないために、大径ロッドが使えない。反面、ツインチューブはロッド分の容積のオイルを、インナーチューブからアウターチューブへスムーズに移動させることができるため、大径ロッドが使用可能というわけだ。 …などのツインチューブの利点を見事にまとめあげ、「マジック」と称される最高級のショックをつくりあげることに、KONIは成功している。

★理想のS時型曲線から、KONI独自の特性を知る。

下図は、KONIの実走行における減衰力特性をグラフに表したものだ。 ご覧のとおり、KONIはノーマルショックや他社のスポーツショックとはまるで違う「S字型」の曲線を描く。市街地ではしなやかに、ワインディングではコントローラブルに、そして高速道路では路面の継ぎ目からの突き上げを抑え、腰砕け感もないという、まさに理想的な減衰力特性を実現している。 しかし、なぜ他社のスポーツショックは、この減衰力曲線を描けないのか?その秘密は、KONI独自のピストンロッドに開けられたオリフィス(穴)にある。このオリフィスがオイルの流れを魔法のようにコントロールし、さまざまなシチュエーションにおいて最適の減衰力とピストンスピードをもたらしているのだ。 このように、ストリートにおいて理想的なショックといえるKONIであるが、さらなる強い減衰力が必要な場合には、アジャスティングボルトを調整することにより、サーキットスペックに早変わりできるということも、お伝えしておきたい。


★高純度オイルが、高性能を支える。

KONIの高性能を語るうえで、忘れることのできないのが、高純度のオイル。 このオイル、流動点が低く、引火点が高いため、粘度が変形しにくく、つねに安定した作動が得られる。例えば悪路走行などで、激しいピストン運動が連続する状態でもキャビテーションを極限まで抑え、性能低下はまずありえない。また、酸化安定性がきわめて高いため、オイル劣化の心配が少ない。さらに防錆防食性、潤滑性にも優れ、オイルシールを痛めることなく、油漏れの心配も無用。 高純度のKONIのオイル、「理由は謎」とまでいわれるほど、真似のできない優秀なものだ。

★「KONIマジック」が生きる、最高級ツインチューブ

【標 準】
オリフィスとバルブをオイルが通る事により減衰力が発生。

アジャスティングボルトを締め込むことによりオリフィスの穴を徐々に塞ぎ、ピストンバルブにプレッシャーをかける。

【ハード】
オリフィスの穴が塞がる事により極低速域での減衰力の立ち上がりが高くなる。
また、アジャスティングボルトの締め込み量に比例して、ピストンバルブにかかるプレッシャーが強くなっているため、低〜中速域での減衰力が高くなる。

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser) KONI SPORT

ショックアブソーバー
ShockAbsorbser
KONI SPORT

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser) KONI SPORT KIT

ショックアブソーバー
ShockAbsorbser
KONI SPORT KIT

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser) KONI FSD

ショックアブソーバー
ShockAbsorbser
KONI FSD

コニ (KONI) ショックアブソーバー(ShockAbsorbser) KONI FSD KIT

ショックアブソーバー
ShockAbsorbser
KONI FSD KIT

アンダーレ 商品カタログ

スパルコ、プーマ、アルパインスター、サベルト、OMP、ARD、FET 等、レーシングスーツ・レーシンググローブ・レーシングシューズ輸入販売・レース活動支援・自動車部品輸入販売・自動車販売・整備


有限会社 アンダーレ

【大阪本店】

〒665-0815 兵庫県宝塚市山本丸橋3−77
営業時間:平日=AM10時〜PM6時 土日祝=AM10時〜PM6時 定休日:水曜日
TEL:0797-82-3977 FAX:0797-82-3987 E-mail:info@andare.jp

【名古屋店】

〒470-0162 愛知県愛知郡東郷町春木岩ヶ根6番地ティーズコンセプト2F
営業時間:平日=AM10時〜PM7時 土日祝=AM10時〜PM6時 定休日:月曜日
TEL:090-6559-0019 FAX:056-142-6665 E-mail:nagoya@andare.jp

レーシングスーツ・バケットシート販売 アンダーレ 商品カタログ アウトレットセール・バーゲンセールのご案内 アンダーレ 商品の見積・ご注文 アンダーレ 商品のお支払い・配送方法について アンダーレ 会社案内 アンダーレへのアクセスご案内 アンダーレ 各種商品・サービスに関するお問合せ レーシングスーツ・バケットシート販売 アンダーレ
レーシングスーツ・バケットシート販売 お支払い・送料について
アンダーレ レーシングスーツ・バケットシート、買取り、下取りサービス
ラッピングキャンペーンのご案内
井出有治選手を応援しています!
業務店様へ、 業販のご案内
Welcomet to ANDARE Motorsport Equipment!
アンダーレ メールマガジンのご案内
商品カタログ 会社案内 アクセス お支払い・配送方法 通販法に基づく表記 プライバシーポリシー お問合せ トップ

All Descriptions and Prices are Subject to Change without Notice- Copyright© -ANDARE- All Rights Reserved-

レーシングスーツ・バケットシート販売 アンダーレ